用途に合わせて養生シートを使ってしっかり保護しよう

作業員

震災や天災の際に役立つ

建設

身近にある物で一番危険な物は何なのか知っておいた方が良いでしょう。包丁やアイスピックなどの鋭利な刃物は、使用時以外は棚の中や引出しの中にしっかりと収納しているはずです。そういう収納された物はあまり危険とは言えないでしょう。地震などの災害が起きたときに、一番危険な物はガラスです。色んな建物や収納棚に使われているガラスは、低い所に収納された包丁などとは違い、目線以上の高さに使われている場合が多いです。オフィス街や街中にもガラスが多く使われています。割れると鋭利になり、大変危険です。建築現場などでガラスをはめ込む作業には細心の注意が必要です。もし割れたり落下してしまうと事故になりかねません。そういった事故を防ぐ為に飛散防止フィルムが使われます。飛散防止フィルムはガラス全面に貼るフィルムで、大きな衝撃を受けてガラスの破片が飛び散るのを最小限に抑えることができるフィルムです。地震や台風の際にガラスが割れるほどの衝撃を受けても大丈夫なのです。また、これにより飛散したガラスを踏んで怪我を負うことなども無くなります。小さいお子さんが住む家庭などの窓ガラスに使用するといいでしょう。飛散防止フィルムの注意点は、通常のガラスには使用できますが、凹凸が激しいガラスには使用できないという難点があります。また、飛散を防止するフィルムなので、防犯対策には向いていません。注意しましょう。飛散防止フィルムは安全な生活をするために重要な役割をしてくれます。